Q&A

2019年7月19日に当クリニックの院長がラジオ放送に出演し最新の医療情報についてお話しました。
放送内容をQ&A形式でまとめましたので是非ご覧下さい。

糖尿病とは「小腸から血管内に吸収されたブドウ糖が体内でうまく使われないため血液の中に残る量が多くなる、つまり血糖が上がる」状態です。

血糖が高い状態が続くと、血液の中に残り過ぎたブドウ糖により血管の壁がダメージをうけてしまい、いろいろな合併症を引き起こします。

血液の中のブドウ糖が細胞にとりこまれて利用されるにはすい臓から出る「インスリン」の力が必要になります。

このインスリンの作用が弱くなってしまったり、インスリンの出る量が減ってしまうことで、糖が使われにくくなり血糖が上昇してしまいます。

糖尿病には、すい臓でインスリンが作られなくなってしまうためにおこる「1型糖尿病」と、過食や運動不足でインスリンの作用が弱くなることから始まる「2型糖尿病」があります。
また、他の疾患や治療薬の影響で糖尿病になることもあります(その他の糖尿病)。

肥満による内臓脂肪の蓄積、運動不足、加齢、喫煙、ストレス、などがあります。

また血糖が上昇することによってもインスリンの作用が低下するので、高血糖がさらに高血糖を呼び起こしやすくなります。

糖尿病は初期の場合はまったく症状がありません。
ひどくなってくるとのどが渇いたり、トイレの回数が増えたりしますが、それでも気づかない方もたくさんいます。

早期発見して治療の相談をすることが大事です。

健診などをまめにうけることである程度の状態になれば見つけられます。

ただし初期の糖尿病は食後の血糖から上昇するので、食前の採血(健診では朝食前に採血をすることが多いと思います)では見つからないこともあります。
初期の糖尿病が心配な方は食後の血糖を医療機関で調べることが良いと思います。
医療機関に受診できない場合は調剤薬局で簡易検査をしているところもあるのでそこで検査してみるのもよいです。

自宅で簡単に調べる方法としては、ドラッグストアなどで尿糖試験紙を購入して、食後の尿に糖が出ていないかを確認することができます。尿糖が出ていれば医療機関で相談した方がよいですが、糖尿病でも尿糖が出ない方もいるので注意が必要です。

食事に関して以前は、カロリーを摂り過ぎないようにしましょう、と言われていましたが、今はカロリーを抑えるというよりも、バランスを整えましょう、と言われるようになってきました。
例えば糖質を過剰に摂取している場合は控えた方がいいですね。

あと運動については、昔は30分続けてしましょう、と言われていましたが、今は短時間でもいいのでこまめに継続しましょう、ということになっています。
立ち上がるだけでも運動になるという話も出てきています。ちょっとずつでも良いので継続することが大切です。

「2型糖尿病」では柱になるのは食事療法と運動療法です

食事では量だけでなくバランスを整えることも大事です。量を抑えても糖質が過剰な場合、血糖はよくなりません。
食事はゆっくり噛んで食べることも大事です。早食いだとどうしても量が多くなりがちです。

運動は、身体にある程度以上の負荷をかけながらある程度長い間継続して行う有酸素運動、筋肉に一定の負荷をかけるレジスタンス運動、の組み合わせが重要と言われています。現在ほとんど運動をしていない人は少しずつ体を動かす時間を作っていくことが大事です。血糖値があまりにも高いときは落ち着くまで運動療法を避けていただくこともあります。
必要に応じて薬物療法を行います。

「1型糖尿病」では、体内でのインスリンが不足しているので補うためにインスリン注射が必要になります。

Load More

投稿日:2019年8月3日 更新日:

Copyright© いりうだ内科・糖尿病内科クリニック , 2019 AllRights Reserved.